人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ロシアピアニズム
予定外の本を買ってしまったというのはこの本のことです。
装丁がとても美しく、内容が知的なので、是非とも本棚に置いておきたくなる本。

ロシアピアニズム_b0061201_164781.jpg
『ロシアピアニズム』 佐藤泰一,著

最近、リヒテルやギレリスってやっぱりすごいなと思っていた矢先、
この美しい戸村守里さんの装丁に、印刷がグラフ(またグラフ!)となると、
この本を読み切れる自信がなかったけれど(笑)、資料的価値は絶対あるし、
まあ、そういうことで、無理して買ったのだった。

まだ100ページほどしか読んでいないけど、(多分)よい本です。
ロシアピアニズムにグッときている方、是非お読み下さい。

ちなみにこの本は、92年に出た『ロシア・ピアニズムの系譜』の改訂版だそうです。

@@@@

こういうことを歴史的・系譜的に知ることは非常に有意義だ。
昨日のバロック音楽講座で、バロックはとても数学的だったということを知って、
驚いたというか、再確認したわけだけども、ども、ども、、、
by smpinkd | 2006-03-19 16:38 | デザイン
<< 春分の日 limArt >>



Design / Music / Audio / etc...
by smpinkd
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29