人気ブログランキング | 話題のタグを見る
クセナキス(2)
クセナキスの革新的な作曲法について書きたいけれど、
残念ながら僕にはまだよく分かっていないところが多い。

でも、クセナキスを知らない人にも、彼の"すごさ"を少しでも知ってもらいたいので、
間違いがあるかもしれないけど、ちょっと書いてみよう。

例えば、衝撃のデビュー曲「メタスタシス」。(1955年初演)
ギリシャ語で、"行き詰まり状態の後に"という名のこの曲は、
群衆の動きを分布図にしたものから作られていて、
旋律や和音を結びつける伝統的なやりかたではなく、
音楽をひとつの"音の塊"としてとらえ、その分布や密度を計算して曲にしたもの。
(作曲は、五線譜ではなく方眼紙の上で行われた!)

「これはもはや旋律ではなく空間だったのです。」

おもしろそうでしょ。
曲を初めて聴いたときには衝撃を受けるでしょ。

その後、コンピュータを使った確率論的手法で作曲したり、
コンピュータと連結している大きなボードに様々な線や絵を書き込むと
それが音楽に変換される「UPIC」を開発し、作曲に励んだりと、
とにかくおもしろいことをたくさんした人なんです。

つづく...
(まだ書きたいことが全然書けてない)
by smpinkd | 2006-01-18 23:19 | 音楽
<< つづく クセナキス(1) >>



Design / Music / Audio / etc...
by smpinkd
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29