人気ブログランキング | 話題のタグを見る
バカの壁
会社の人から貸してもらっていた養老孟司,著『バカの壁』を読み終えた。
本の持ち主は「こんな極論過ぎる本は、半分ぐらいで読む気が失せるよ」と言っていたが、
僕的には、普通に最後まで興味深く読めた。(約200ページだし)

極論と言えば極論かもしれないが、僕は至極まともなことが書いてあると思った。
細かいディティールに異論がないわけではないが、その大筋には賛成だ。

第4章「万物流転、情報不変」はなるほどと思う。
こういう(現代社会的常識における)逆説は、大いに援用したい。
僕はよく「言っていることが前と違う」といって怒られることがあるが、
(例えば、思想的なこと、音楽的嗜好のことなど)
でも、そうやって怒る人は「人は変わらない」と思っているから怒るのだ。
人は、僕は、日々変わるのだ。
(これじゃ援用じゃなくて誤用に近いかもしらん)

そして、この本を途中までしか読めなかった人は、
多分、ある程度、現在の高度資本主義社会に満足している人ではなかろうか。
なぜなら、この本は現代社会に対するアンチテーゼでいっぱいだからだ。
適応している自分達が否定されている気分になるのだ。きっと。
by smpinkd | 2005-01-29 17:55
<< GETZ / GILBERTO ミシェル・コルボ >>



Design / Music / Audio / etc...
by smpinkd
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29